« 希望のマッキントッシュ | トップページ | 巨人 出口王仁三郎の生涯 »

2004.01.28

はちみつペアグラス

天原ふおん『はちみつペアグラス』、白泉社 花とゆめCOMICS、2004年を読む。

天原ふおんの作品の特徴は、カルチャー・ギャップがあるふたりの恋の物語。 とってもすごい力を持っていたり、特殊な境遇にある男の子、そしてちょっと世間知らずな女の子。 その女の子が、いろいろ悩んだり、失敗したり、けんかしたりしながら、ギャップを乗りこえて、男の子と愛をはぐくんでいく。

今までの多くの作品はファンタジーだった。 しかし、今回の『はちみつペアグラス』は、日・伊ハーフで大手貿易会社の社長子息で、タレントでもあるジュリオくんと、大学に入ってすぐに結婚した鞠子ちゃんが主人公。 また、今までの多くの作品では、結ばれるまでが描かれていたが、今作では結ばれてからが描かれている。

でも、作品の魅力は変わらない。 天原ふおんの作品を貫いているのは、その人を好きだという気持ち、そして相手を信じること。 読んでいてあたたかい気持ちになる。

わたしは、この作品を、病気で寝ながら読んだ。 そして、少しだけ元気をもらえた。

|

« 希望のマッキントッシュ | トップページ | 巨人 出口王仁三郎の生涯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/144845

この記事へのトラックバック一覧です: はちみつペアグラス:

» 天使のドッペルゲンガー [でじたる異言ノォト]
天原ふおん著、『天使のドッペルゲンガー』、白泉社 花とゆめCOMICS、2004年を読む。 『はちみつペアグラス』の回でも取り上げた、天原ふおんの作品。 今回... [続きを読む]

受信: 2004.06.26 02:37

« 希望のマッキントッシュ | トップページ | 巨人 出口王仁三郎の生涯 »