« オブジェクト脳のつくり方 | トップページ | 年老いた子どもの話 »

2004.03.09

やさしいJava第2版

高橋麻奈著、『やさしいJava第2版』、ソフトバンク、2002年を読む。 昨日、『オブジェクト脳のつくり方』を読んだので、「鉄は熱いうち打て」ということで、Javaの本も読んでしまおうと思った。

この本は550ページ近くあるが、最初の方はCを知っていればすいすい読み進める。 途中でオブジェクト指向の話になるので、そこからていねいに読んでみた。 鉄が熱いうちに打ったおかげで、かなり理解が深まったような気がする。 後で、ノートにポイントを書き出すといい感じかな。 最後の部分は、例外処理、ストリーム、スレッド、アプレットといった、Javaのいくつかの特徴的な話で、ここはプログラムを書く練習をしながら読むつもり。

なんか、非常に徳をした気分になった。

|

« オブジェクト脳のつくり方 | トップページ | 年老いた子どもの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/281826

この記事へのトラックバック一覧です: やさしいJava第2版:

» タオ・オブ・オブジェクト [でじたる異言ノォト]
Gary Entsminger著、吉田弘一郎訳、『タオ・オブ・オブジェクト -- オブジェクト指向への東洋的アプローチ』、技術評論社、1992年を読む。 これ... [続きを読む]

受信: 2004.03.16 02:34

« オブジェクト脳のつくり方 | トップページ | 年老いた子どもの話 »