« 石川へ | トップページ | 客員主席研究員岩田次夫の研究室:残念なお知らせ »

2004.03.23

創発

スティーブン・ジョンソン著、山形浩生訳、『創発 -- 蟻・脳・都市・ソフトウェアの自己組織化ネットワーク』、ソフトバンク、2004年を読む。

この本は、ミクロなレベルでフィードバックがあるシステムが、マクロなレベルで見ると、思いもつかないようなパターンや機能を獲得するという「創発」現象に関して紹介した本だ。 出てくる例としては、蟻、粘菌、都市、神経回路、インターネットなど。 Maxis社のSimcity、それからSlashdotの話なども出てくる。

本書のスタンスは、「創発バンザイ」といった能天気なものではなく、とっても冷静だ。 「インターネットが自己組織化して、いつか意識を持つ日が来るのか?」といった「百匹目のサル」的なニューエイジャーな問いにも、どうして創発現象が起きて、なんでWebはそのようにならないのかをきちんと説明している。 また、最近の話もきっちりフォローしていて、これからWebがどうなっていくのかに関しても、インスピレーションを与えてくれる。

人と人との組織について、ここのところ考えていたんだけれど、この本を読んで、今までとは随分異なった視点を得ることができた。 最近、読んでよかったと思った本の一つになった。

|

« 石川へ | トップページ | 客員主席研究員岩田次夫の研究室:残念なお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/344022

この記事へのトラックバック一覧です: 創発:

« 石川へ | トップページ | 客員主席研究員岩田次夫の研究室:残念なお知らせ »