« 大量インストールの宴 | トップページ | 聖譚曲 »

2004.03.28

だれも猫には気づかない

アン・マキャフリー著、赤尾秀子訳、『だれも猫には気づかない』、創元推理文庫、2003年を読む。

前々回取り上げた『天より授かりしもの』がおもしろかったので、同著者の『だれも猫には気づかない』を早速入手した。 『天より授かりしもの』も『だれも猫には気づかない』も、短い作品なので、すぐに読める。 インストール大会中は、待ち時間が長い割に、時間が細かく分割されてしまうので、短い作品は結構うれしい。

さて、この作品は、アン・マキャフリー版の『長靴をはいた猫』といった感じ。 ただし、長靴をはいた猫のように擬人化されたりはしていない。

舞台は、中世風の世界。 この世に完璧な人間などいないわけで、それは王になる星の下に生まれた人であっても同様のこと。 極めて普通で、それ故、いろいろと欠点もある若い王ジェイマス5世。 その摂政をしていたマンガンは、忠臣であり、賢臣だった。 死期を悟ったマンガンは、自分の死後も、この若き王が道を過たずに平和に国を治められるように、人材を集め、教育し、適所に配置した。 その中でも、要だったのは、猫のニフィ。 マンガンが死ぬと、隣接した領土を治めていた新興の領主は、悪妻にそそのかされ、ジェイマスの国を狙ってくるが・・・というお話。

猫のニフィが、とにかく賢く、勇敢で魅力的。 人間の方は、主人公側のメンバーがそこそこ「いい人」という点を除けば、極めて普通の人たち。 いや、正確に言えば、敵側は邪悪で貪欲な悪役だけど。 なんか、その辺がちょっと微妙だけど、痛快なファンタジーではあった。

|

« 大量インストールの宴 | トップページ | 聖譚曲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/361187

この記事へのトラックバック一覧です: だれも猫には気づかない:

« 大量インストールの宴 | トップページ | 聖譚曲 »