« 春の訪れを覚える | トップページ | やさしいJava第2版 »

2004.03.08

オブジェクト脳のつくり方

牛尾剛著、長瀬嘉秀監修、『オブジェクト脳のつくり方 -- Java・UML・EJBをマスターするための究極の基礎講座』、翔泳社、2003年を読む。

この本は、Javaで書籍カタログ・サイトのようなWebアプリケーションを作りながら、オブジェクト指向開発を身につける本だ。 第1部では、オブジェクト指向のご利益とデザインパターンの話が、演習を通して紹介される。 第2部以降は応用編で、カタログ・サイトをつくりながら学ぶ。

この本を通して、何がポイントなのかということと、何を学ぶと便利になるのかはかなりクリアにわかった。 しかし、内容はけっこう唐突で、第1部の簡単な演習をするには、実はJavaの基礎は知っておいた方がベターのような気がする。 ・・・とは言え、Javaを学ぶときにはオブジェクト指向の考え方を知っていると便利で、そのオブジェクト指向を紹介している本書ではJavaを知っていると便利だという、にわとりと卵みたいな関係があって、なかなか悩ましいところがある。 これは、第2部以降にも言えて、そこではEJBに関して似たような関係がある。 他の本ではあまりクリアに書いてないことが書いてあるので、それらと相補的に活用して、読み進めるのが適切な使い方なのかなという気がしている。

|

« 春の訪れを覚える | トップページ | やさしいJava第2版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/278391

この記事へのトラックバック一覧です: オブジェクト脳のつくり方:

» タオ・オブ・オブジェクト [でじたる異言ノォト]
Gary Entsminger著、吉田弘一郎訳、『タオ・オブ・オブジェクト -- オブジェクト指向への東洋的アプローチ』、技術評論社、1992年を読む。 これ... [続きを読む]

受信: 2004.03.16 02:34

» やさしいJava第2版 [でじたる異言ノォト]
高橋麻奈著、『やさしいJava第2版』、ソフトバンク、2002年を読む。 昨日、『オブジェクト脳のつくり方』を読んだので、「鉄は熱いうち打て」ということで、J... [続きを読む]

受信: 2004.03.16 02:36

« 春の訪れを覚える | トップページ | やさしいJava第2版 »