« 機械仕掛けの蛇奇使い | トップページ | ヨブ記 箴言 »

2004.04.19

神の系譜 特別篇 竜の秘密

西風隆介著、『神の系譜 特別編 竜の秘密』、トクマ・ノベルズ、2004年を読む。

埼玉県南を舞台に、神の血を引く天目マサトを中心として、歴史部のメンバー土門巌と麻生まなみ、そして麻生まなみの異母兄で認知心理学者の火鳥竜介が、歴史と神仏の謎を解き明かしていくのが、《神の系譜》シリーズで、既に6冊の本が出ている。

本書は、これまでの6冊の作者自身による解説本である。 このシリーズは、読んでいると、とにかくうんちくとややこしい謎解きに埋もれてしまうので、これまでのお話を振り返るという意味で、少なくともわたしにとっては、とても意味がある一冊になった。 これまでのお話で出てきた場所や、関連するものの写真が、白黒ながらも多数収録されているところもいい(カラーの口絵だったらもっとよかったかも)。

このシリーズ、謎の敵が出現し、神の秘密の一端が見えてきたという感じで、これからまだまだ盛り上がりそうで、次巻以降にも期待。

|

« 機械仕掛けの蛇奇使い | トップページ | ヨブ記 箴言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/465152

この記事へのトラックバック一覧です: 神の系譜 特別篇 竜の秘密:

» SANCTUM ゼフィロス [でじたる異言ノォト]
西風隆介著、『SANCTUM ゼフィロス』、徳間ノベルズ、2005年を読む。 西風隆介(ならいりゅうすけ)といえば、以前紹介した、蘊蓄語りまくりの民俗オカルト... [続きを読む]

受信: 2005.02.19 00:07

« 機械仕掛けの蛇奇使い | トップページ | ヨブ記 箴言 »