« 脳のなんでも小事典 | トップページ | 1回休み »

2004.05.08

パッション

映画「パッション」を見る。

夜の部の上映だったが、席のうまり具合は1/4〜1/3程度、料金も安かった。 でも、個人的には見なくてもいい映画だったと感じた。

フィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』(浅倉久志訳、ハヤカワ文庫SF、1977年)に、マーサー教というのが出てくる。 マーサー教では、教祖マーサーの受難体験を、仮想現実システムによって信徒が共有する。 そういうのにも向かない映像だったような気が。

|

« 脳のなんでも小事典 | トップページ | 1回休み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/561285

この記事へのトラックバック一覧です: パッション:

» パッション ガイドブック 100のQ&A [でじたる異言ノォト]
トム・アレン他共著、椎葉淳訳、『パッション ガイドブック 100のQ&A』、ドン・ボスコ社、2004年を買う。 映画の方は、「パッション」の回に書い... [続きを読む]

受信: 2004.05.11 23:22

« 脳のなんでも小事典 | トップページ | 1回休み »