« 名倉靖博の世界 | トップページ | 天使のドッペルゲンガー »

2004.06.24

マジック・マスター 9

黒沢哲哉原作、阿白宗可漫画、柳田昌宏監修、『マジック・マスター (9)』、スクウェア・エニックス ガンガンコミックス、2004年を読む。

『マジック・マスター』は、マジシャンを目指す少年たちの勝負と成長の物語。 この物語の中で演じられるマジックは、本格的で、しかもそのタネが単行本の中で解説されているというすごい作品。 ただ、このマンガは、勝負モノで、緊張感を高めるために、すぐに「勝負に負けたらマジックをやめる」とかいう賭けに発展してしまうのはどうかと。 でも、マジックネタで他にどんな勝負が成立し得るのかというのも、考えてみるとなかなか難しいものがあるかもしれない。

この巻は、歴史に名を残す偉大なマジシャンたちが、マジックの秘密を書き記したという『聖杯の書』とかいう存在自体がかなり無茶な代物があって、それを託す「選ばれし者」を決定するという、マジック版の天下一武道会の第一回戦のお話。 今回は、4人の出場者によるマジックの描写があるが、本当におもしろそうに思えるようなステージがちゃんと描かれているところがすごい。 読んでかなりびっくりした。

|

« 名倉靖博の世界 | トップページ | 天使のドッペルゲンガー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/834528

この記事へのトラックバック一覧です: マジック・マスター 9:

» マジック・マスター 11 [でじたる異言ノォト]
黒沢哲哉原作、阿白宗可漫画、柳田昌宏監修、『マジック・マスター (11)』、スクウェア・エニックス ガンガンコミックス、2004年を読む。 本書は、以前9巻を... [続きを読む]

受信: 2005.03.24 00:00

« 名倉靖博の世界 | トップページ | 天使のドッペルゲンガー »