« ココログの障害 | トップページ | エスプガルーダ »

2004.06.16

ブルームス・ディ

「ジョイスを読む」の回でも取り上げたが、今日、6月16日は、ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』の主人公にちなんで、ブルームス・ディと呼ばれている。 特に、『ユリシーズ』は1904年6月16日の出来事を描いた長編小説で、今年はその100周年に当たる。

というわけで、ジェイムズ・ジョイス著、柳瀬尚紀訳、『ユリシーズ 1-3』、河出書房新社、1997年を読み始めた。 『ユリシーズ』は、朝っぱらから、主人公の一人のスティーヴン・デッダラス(『若き芸術家の肖像』でも主人公)がうじうじとしつつ、悪友たちにうだうだとからまれるというのが、出だしだったりする。 当時のアイルランドを取り巻く、宗教と政治的情勢がもたらしている閉塞感もいきなり全開な感じ。

ところで、『ユリシーズ』は18章から成り立っているが、柳瀬尚紀の訳は、1〜3章、4〜6章、12章の3冊だけが出ている。 と言っても、後に行くにつれて1章当たりの分量が増えるので、1/3程度翻訳が終わっているわけではない。 そして、非常に長い小説だ。 たとえば、集英社から出ている丸谷才一らの新訳だと、ハードカバー版で、600〜750ページ程度のものが3冊にもなる。

雰囲気としては、柳瀬訳の方ががらが悪く、丸谷ら訳の方が普通の文章っぽい感じ。 この辺は好みが分かれるところかも。 随分、印象が違うので、興味がある人は読み比べてみるとおもしろいと思う。

|

« ココログの障害 | トップページ | エスプガルーダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/782161

この記事へのトラックバック一覧です: ブルームス・ディ:

« ココログの障害 | トップページ | エスプガルーダ »