« がんばれ仏教! | トップページ | デンデラノの聖は白い光に包まれて »

2004.07.08

抄訳 フィネガンズ・ウェイク

ジェイムズ・ジョイス著、宮田恭子編訳、『抄訳 フィネガンズ・ウェイク』、集英社、2004年を買う。

ジョイスの『フィネガンズ・ウェイク』と言えば、英語をベースにしているものの、いろいろな言葉が混ざって溶け合っている翻訳困難な小説。 これまでには、柳瀬尚紀による翻訳(河出文庫 2004年)などが有名。 しかし、この翻訳は、日本語の方も原文同様に融解させてあり、更に分量が多いこともあって、かなり読むのが困難だ。

今回出た抄訳は、単語には多義的な意味をあまり持たせておらず、一応、普通の小説としても(あくまでも)それなりに読めるようになっているように見える。 難解なだけに、こうやっていろいろなスタンスで訳された翻訳が出るのは歓迎。

|

« がんばれ仏教! | トップページ | デンデラノの聖は白い光に包まれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/915793

この記事へのトラックバック一覧です: 抄訳 フィネガンズ・ウェイク:

« がんばれ仏教! | トップページ | デンデラノの聖は白い光に包まれて »