« 鬼頭莫宏短編集「残暑」 | トップページ | 歌々板画巻 »

2004.07.05

NHKにようこそ!

滝本竜彦著、『NHKにようこそ!』、角川書店、2002年を読む。

大岩ケンヂ漫画によるコミック版の『NHKにようこそ! (1)』があまりにすさまじい内容だったので、思わず買ったままになっていた原作本を読み始めてしまった。 そして、そのすごさは、実生活のみならず、小説にもいかんなく発揮されていることを確認した。

エヴァンゲリオンにはまって、えんえんと妄想の綾波レイと会話したり、小説を書いたりして、ひきこもっていたという実話はそれだけでも、十分にインパクトのある話。 更に小説には輪をかけたデンパさと痛さが充満している。 おたく、ロリコン、妄想、陰謀論、家庭訪問な宗教勧誘、盗撮、薬、・・・と、ダメダメなものがとにかくつめこまれている。 それでも、骨子は、「少年と少女が出会って何かがはじまる話」にちゃんとなっていて、小説として読める。 雰囲気や取り上げている素材などが、大槻ケンヂとかとも共通するところがある作家だと思う。

|

« 鬼頭莫宏短編集「残暑」 | トップページ | 歌々板画巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/908862

この記事へのトラックバック一覧です: NHKにようこそ!:

» NHKにようこそ-三日とろろ、おいしゅうございました、としか言いようがない [百鬼夜行]
 表紙が目立つのと、edoi's Sproutさんが紹介されているように、TVC [続きを読む]

受信: 2004.08.02 01:13

» 99(ツクモ)ハッピーソウル [でじたる異言ノォト]
大岩ケンヂ著、『99(ツクモ)ハッピーソウル』、角川コミックス・エース、2005年を読む。 本書は、『NHKにようこそ』のコミックス版の大岩ケンヂのオリジナル長編。 お話は、付喪神というか、モノに宿... [続きを読む]

受信: 2005.06.15 23:38

» 超人計画 [でじたる異言ノォト]
滝本竜彦著、『超人計画』、角川書店、2003年を読む。 本書は、ひきこもり系ダメダメ小説『NHKへようこそ』で有名な滝本竜彦の連載をまとめたもの。 単純に言えば、作者がニーチェの言うところの「超人」に... [続きを読む]

受信: 2005.07.26 22:48

« 鬼頭莫宏短編集「残暑」 | トップページ | 歌々板画巻 »