« ロリータ℃の素敵な冒険 | トップページ | まほろまてぃっく 最終回 »

2004.07.26

R.O.D. 10

倉田英之著、『R.O.D. (10)』、集英社 スーパーダッシュ文庫、2004年を読む。

これは、本が何よりも好きで、大英図書館の特殊エージェントを生業としている25才の女性、読子・リードマンのお話。

本編では、グーテンベルグの聖書を巡って派手なバトルが展開されているが、この巻は外伝ということで、とある女子高に大英図書館から奪われた本を取り返すために、読子さんが潜入する。 しかも、その女子高は、読書のために作られていて、愛書狂にとってはまさにパラダイスのような状態。 そこで展開する、百合っぽい展開も、バカバカしくておもしろかった。

|

« ロリータ℃の素敵な冒険 | トップページ | まほろまてぃっく 最終回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1050547

この記事へのトラックバック一覧です: R.O.D. 10:

« ロリータ℃の素敵な冒険 | トップページ | まほろまてぃっく 最終回 »