« 大人のガンダム | トップページ | 絵のデジタル撮影 »

2004.08.24

砲神エグザクソン 7

園田健一著、『砲神エグザクソン (7)』、アフタヌーンKC、2004年を読む。

これは、異星人に侵略された地球で、反物質を活用した巨大ロボットにより、状況を変えようとするという、巨大ロボットもののコミックの最終巻。 この作品の特徴は、プロパガンダ、情報戦、反物質兵器、ナノテクノロジー兵器などの描写がすごいことだった。 戦いは単なる巨大ロボットによるなぐりあいにならず、人々の心の掌握や、ミクロ・レベルでの情報のすさまじい攻防、反物質と重力制御によるスケールの大きな戦いと、多方面から展開されていた。

最終巻に至るまで、次にはどうなるかわからない、緊張感のあるストーリーだったが、ちゃんと決着がついた。 個人的には、あまりに衝撃的な展開だらけで、読み終えた後で呆然とした。 しかし、改めて読み返してみると、主人公にきっちりとケリをつける(つけさせる)というストーリーだったのだということが見えてきた。 いろいろな意味ですごい作品だったと思う。

|

« 大人のガンダム | トップページ | 絵のデジタル撮影 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1272253

この記事へのトラックバック一覧です: 砲神エグザクソン 7:

« 大人のガンダム | トップページ | 絵のデジタル撮影 »