« 語られない側面 | トップページ | 審判の日 »

2004.09.03

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 3

夢枕獏著、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ三』、徳間書店、2004年を読む。

この巻では、玄宗皇帝と楊貴妃を巻き込んだ謀反事件のより深い真相が語られる。 この事件が発端となって、50年後の現在(物語中で)に、怪異が起こっている。

宮中の人たちのそれぞれの思惑が交差して、結果的に、とんでもない事件になっていくという過程が見事に描写されているのにはびっくり。 まだ、パズルのピースは全部そろっていないが、それは次の最終巻で明らかにされるはず。

|

« 語られない側面 | トップページ | 審判の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1340053

この記事へのトラックバック一覧です: 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 3:

» 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 4 [でじたる異言ノォト]
夢枕獏著、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ四』、徳間書店、2004年を読む。 とうとう、この巻で完結。 玄宗と楊貴妃に、アラビアの魔術師や李白や安倍仲麻呂や... [続きを読む]

受信: 2004.09.19 01:06

» 沙門空海唐の国にて鬼と宴す・・・ってタイトル長すぎだろ!! その2って、自分も十分タイトル長いだろ!! [百鬼夜行]
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之三 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四. 夢枕獏 [続きを読む]

受信: 2004.09.24 06:54

» 沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四 [AML Amazon Link]
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四 [続きを読む]

受信: 2004.10.10 00:59

« 語られない側面 | トップページ | 審判の日 »