« パネルの制作 | トップページ | フィラメント »

2004.09.28

基本はかんたんレイアウト

内田広由紀著、『基本はかんたんレイアウト』、視覚デザイン研究所、2004年を買う。

本書は、レイアウトの入門書。 大きくU(=ユースフル)C(=カジュアル)S(=スピリチュアル)の3種類の雰囲気を作るためには、レイアウト様式、情報量、静動性(画像の中身の配列、輪郭)、図文率、ジャンプ率(タイトルと本文の文字サイズの比率)などの要素を、どういうふうに組み合わせると効果的かを説明している。

なんか、こんな雰囲気で画面を構成したいのだけれど、どうも実際にレイアウトすると違うような気がするとか、迷う人には結構いいかも。

|

« パネルの制作 | トップページ | フィラメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基本はかんたんレイアウト:

« パネルの制作 | トップページ | フィラメント »