« 基本はかんたんレイアウト | トップページ | Comic新現実 vol.1 »

2004.09.29

フィラメント

漆原友紀著、『フィラメント -- 漆原友紀作品集』、講談社 アフタヌーンKC、2004年を読む。

これは、『蟲師』で有名な漆原友紀の主に初期の作品をおさめた短篇集。 中では、自殺の名所の直前のバス停のところにあるお店の話を書いた「岬でバスを降りたひと」が、個人的には作品としてはよかったと感じたが、これは最近月刊「アフタヌーン」に掲載された作品。 その他のほとんどの初期の作品は、90年代の初期から中期に「ファンロード」に掲載されたものだ。 これは、今で言うところの「スロー」なもの、そして懐かしいあの日への憧憬や、子どもと大人の世界の間にあるものを、描法が完成される前のやさしいタッチで幻想的に描いている。

たぶん、表紙を見て気に入ったら、作品も楽しめると思う。

|

« 基本はかんたんレイアウト | トップページ | Comic新現実 vol.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1553966

この記事へのトラックバック一覧です: フィラメント:

« 基本はかんたんレイアウト | トップページ | Comic新現実 vol.1 »