« 審判の日 | トップページ | フロイトと作られた記憶 »

2004.09.05

誰にだって朝陽は昇る

プレゼンをして帰ってくると、郵便局から代引き郵便物の連絡がポストに入っていた。 郵便物は、 クレヨン社の新アルバム『誰にだって朝陽は昇る』。 このアルバムは、現在のところ通販のみだ。 さっそく受け取り、聞いてみた。

ひじょうに懐かしい気がした。

最後のアルバムが出てから随分たっている。 そもそも、クレヨン社がCDをメインに出していたのは90年前後。 そして90年代の後半はライブ活動を行っていた。 所属事務所の変更をはじめとして、いろいろな荒波にもまれたのかもしれない。 夢を語ること、めぐりあわせ、できること、できないこと、どうしようもないこと、それでもそこからはじめてみること。 円熟が感じられた。

|

« 審判の日 | トップページ | フロイトと作られた記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1360716

この記事へのトラックバック一覧です: 誰にだって朝陽は昇る:

« 審判の日 | トップページ | フロイトと作られた記憶 »