« 世界が終わる場所へ君をつれていく | トップページ | 自由自在Squeakプログラミング »

2004.10.26

ヒストリエ 1、2

岩明均著、『ヒストリエ (1)、(2)』、講談社アフタヌーンKC、2004年を読む。

岩明均と言えば、『寄生獣』で有名だが、『ヘウレーカ』のような古代を舞台にしたマンガもあり、この『ヒストリエ』もその一つ。 残酷なことや思いもかけないことが、突然起きてしまう現実の中で、普通とは何か違うものが見えていたエウメネス(後にアレキサンダー大王の書記官になる人物)が教養を武器に生きていくというお話。 このマンガに関しては、ほとんどこれ以上、何を書いてもネタバレになってしまうくらい、いろいろな展開が待っている。

次巻に期待。

|

« 世界が終わる場所へ君をつれていく | トップページ | 自由自在Squeakプログラミング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1782968

この記事へのトラックバック一覧です: ヒストリエ 1、2:

« 世界が終わる場所へ君をつれていく | トップページ | 自由自在Squeakプログラミング »