« PLUTO 1 | トップページ | 滑るアトラクション »

2004.10.02

合成ドラッグ

ミシェル・オートフイユ、ダン・ヴェレア著、奥田潤、奥田睦子訳、『合成ドラッグ』、白水社 文庫クセジュ、2004年を読む。

本書は、原書が2002年に出ているという、比較的最近のドラッグに関する本。 取り上げられているのは、いわゆる麻薬が多いが、シンナーやドーピングの話も書かれている。

近年、レイヴ・カルチャーとその後の一般人への拡散により、化学合成系のドラッグが流行している。 本書は、そのような背景を受けて、どのようなドラッグがあり、どのように流通し、どのような作用があるのかを紹介している。

調子としては、強くドラッグの使用を戒める立場というよりは、価値中立を狙っている雰囲気で、中には効果が弱いとか、危険性が知られていないとか、そういう感じの記述がある薬物もあったりする。 主に批判対象となっているのは、市場に出回っている混ぜ物が多い薬や、明確に危険であることがわかっている薬などだ。

また、広く薬というものを見ると、もはや薬の開発と消費の拡大は前提として、今後の対応を考えるべきという姿勢が示され、更に消費者の自己選択といった側面にも話は及んでいる。 しかし、そういう高尚そうな話も、問題提起のレベルで終わっていて、それ以上ではなかったりする。 なんとも煮え切らない読後感なのだった。

|

« PLUTO 1 | トップページ | 滑るアトラクション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1578116

この記事へのトラックバック一覧です: 合成ドラッグ:

« PLUTO 1 | トップページ | 滑るアトラクション »