« 一回休み | トップページ | ロード・トゥ・セレファイス »

2004.11.18

スキャナのプロファイル

スキャナのプロファイルを作成する。

入力機器の特性というのは結構あって、カメラ、スキャナなどで、同じものを取り込んでも随分色が変わってしまう。 色の特性を補正するために、今回は、EPSONのGT-X700のスキャナのプロファイルを作成してみた。

最初に、カラーチャートをスキャナでスキャンする。 次にプロファイルの作成ツールを起動する。 そして、カラーチャートの色を測色機で測色。 その値をスキャンしたデータと対応させてiccプロファイルが生成される。 iccプロファイルが、スキャナの色の特性データだ。 このガモットを色度図上に表現させたデータを見てみると、一眼レフのデジタル・カメラの方がまだ若干広いとは言え、モニタやプリンタや印刷機の色再現範囲を余裕でカバーしている。 思わず感動。

スキャンしたカラーチャートのデータにiccプロファイルを指定し、同じくiccプロファイルを作ったEPSONのPM-4000PXへ、Photoshop CSで相対的カラーマッチングで印刷してみた。 すると、印刷結果は、ほとんどオリジナルと並べて評価しても区別がつかない。 あえて言えば、青と紫系のプリンタの色再現範囲外の色だけは異なっている感じ。

実は、昔、安めのスキャナで同様の実験をしたことがあるが、そのときは全く色が合わなかった。 こういう作業は、色の自動補正は全部オフにして、自前でやるという作業なわけだが、そのときはどうも勝手に補正されてしまってうまくいかなかった感じだった。 それだけに、今回は感動した。

昔、描いた絵をスキャンしてみたくなってきた。

|

« 一回休み | トップページ | ロード・トゥ・セレファイス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2001905

この記事へのトラックバック一覧です: スキャナのプロファイル:

« 一回休み | トップページ | ロード・トゥ・セレファイス »