« 東京バトル 1 | トップページ | 文車館来訪記 »

2004.11.23

電脳娼婦

森奈津子著、『電脳娼婦』、徳間書店、2004年を読む。

森奈津子は、コメディタッチの百合小説で有名だが、本書は悲喜劇的な状況のエロを描いた作品が6篇収められた短篇集。 そのうち4篇が「問題小説」で、2篇が「SF Japan」に収録されたもので、作品のカラーもそれに沿ったものになっている。

収録されている作品は、たとえば、前世の因縁により、自覚のないまま死後の世界でSM関係をエンドレスに続けるなど、「もうせいいっぱい。なのに、一体このままどこにいってしまうの」といった気持ちになる話が多かった。 性のために、何か大きなものを代償にさしだして話とか。

|

« 東京バトル 1 | トップページ | 文車館来訪記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2047666

この記事へのトラックバック一覧です: 電脳娼婦:

« 東京バトル 1 | トップページ | 文車館来訪記 »