« トリポッド 1 襲来 | トップページ | gift »

2004.11.14

セレファイス

伏見健二著、『セレファイス』、メディアワークス、1999年を読む。

先日取り上げた『ハスタール』がおもしろかったので、『セレファイス』を購入した。 これも、『ハスタール』と同様にクトゥルーの設定のもとに書かれた小説。 昔、学生運動の頃に、理想を目指して設立されたコミューン。 しかし、そのコミューンは邪神を崇拝する魔術師に率いられたものだった。 魚に似た容貌をした父を持つ水沢裕紀に、過去の因縁が襲いかかり、邪神が復活しようとするというお話。

ということなのだが、初期の普通のライトノベルっぽい感じの小説で、『ハスタール』とは随分雰囲気が違う物語になっていた。 続編の『ロード・トゥ・セレファイス』を読まないと話が完結していないので、早速購入することに。

|

« トリポッド 1 襲来 | トップページ | gift »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/1963832

この記事へのトラックバック一覧です: セレファイス:

» クトゥルフ神話ガイドブック [でじたる異言ノォト]
先日、伏見健二の『セレファイス』、『ロード・トゥ・セレファイス』、『ハスタール』を読んで興味を持ち、本棚にささったままになっていた、朱鷺田祐介著、『クトゥルフ... [続きを読む]

受信: 2004.12.25 00:44

« トリポッド 1 襲来 | トップページ | gift »