« 泣き虫弱虫諸葛孔明 | トップページ | Comic新現実 vol.2 »

2004.11.29

RAGNAROK 1

李明進著、マオスタジオ訳、『RAGNAROK -- INTO THE ABYSS』、宙出版 MISSY COMICS、2004年を読む。

本書は、韓国産のMMORPGで、日本でも人気が高い「ラグナロクオンライン」の原作ということになっている。 しかし、本書の絵とゲームの絵はかなり違う。 本書の絵は、日本で言えば、「コテコテの「SFチックなファンタジー作品」ってこんな感じ?」というのを、あんまりよくない文脈で紹介するときに、わざと描くような絵柄だ。

これはたぶん、文化というか、読み手のコンテクストの問題もあるのかもしれないと思う(ただし、それが全部だとは思わない)。 というのも、ギャグとか、かわいさとかの表現も、ちょっと首をひねるようなところがあるので、もしかするとという。

日本のマンガでも、読み込んでいるからこそ、ツボにはまるような、ある種の文化的な「お約束」の表現方法があると思う。 それをバックグランドがない異文化の人が見たら、違和感が大きく、気持ち悪く思えるようなものもあるだろう。 たとえば、少女マンガや同人マンガ系のギャグ表現に、はじめて触れたら、かなり驚くだろうと思う。

とは言え、ゲームの方は、萌え系というか、かわいらしい絵で、日本のおたく文化のコンテクストでも、違和感を感じなかった・・・。 うーん・・・。 一体、このマンガ、韓国ではどう受容されているのだろうか。 気になる。

|

« 泣き虫弱虫諸葛孔明 | トップページ | Comic新現実 vol.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2107262

この記事へのトラックバック一覧です: RAGNAROK 1:

« 泣き虫弱虫諸葛孔明 | トップページ | Comic新現実 vol.2 »