« 眠り | トップページ | ケータイは世の中を変える »

2004.12.06

諸星大二郎自選短編集

諸星大二郎著、『諸星大二郎自選短編集 -- 汝、神になれ鬼になれ』、集英社文庫、2004年、および諸星大二郎著、『諸星大二郎自選短編集 -- 彼方より』、集英社文庫、2004年を読む。

本書は、2001年に出た本の文庫版。 1970年代中期から、1990年代中期までの作品がそれぞれ収録されている。 『汝、神になれ鬼になれ』の方は伝奇っぽい作品が多く、『彼方より』は「生物都市」などの変な作品(ほめている)が多いが、必ずしも明確にカラーが分かれているわけではない。

わたしは、諸星大二郎の作品は、長編とか長期連載物とか、連作短篇を中心に読んでいた。 この短篇集には、これまで読んだことがなかった、噂に聞く昔描かれた傑作短篇が含まれていて、結構、個人的にはよかった。

|

« 眠り | トップページ | ケータイは世の中を変える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2176873

この記事へのトラックバック一覧です: 諸星大二郎自選短編集:

« 眠り | トップページ | ケータイは世の中を変える »