« セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門 | トップページ | ぱたん »

2005.01.21

《教皇》がiを説く 真・運命のタロット1

皆川ゆか著、『《教皇》がiを説く -- 真・運命のタロット(1)』、講談社 X文庫ティーンズハート、1997年を読む。

本書は、昨年、長い空白期間をおいて、とうとう完結した〈真・運命のタロット〉シリーズの1巻目。 これは、以前とりあげたむらかわみちおの『虚数霊』で触れられていた、世界は複素数でできていて、虚数部が意識に関係しているという、虚数意識論をベースにしたファンタジー小説。 このシリーズおもしろそうなので読みたいと思っていたが、シリーズ完結当時、前の方の巻は入手不能状態だった。 実は、夏頃に重版されており、現在は入手可能になっていることに、この間気がついた。 この前のシリーズの〈運命のタロット〉シリーズも重版してくれるとうれしいところ。

本書は、どうやら〈運命のタロット〉シリーズの話の後日談らしい(が、時間移動の話もあり、前のシリーズを読んでいないのではっきりしない)。 前シリーズでは高校生だった登場人物たちの同級生は既に30才前後になっている。 そこへ、時間を越えて、虚数意識論の提唱者のゴーリキー博士を巡る歴史の改変を防ごうと戦っていた主人公が、傷ついて、記憶を失った状態で現れる。 それで、記憶の回復と戦いの全貌の秘密が焦点になって、ストーリーが進んでいく。

ちょうど、この巻では、主人公がfMRIにかけられるというシーンがあり、PETやCTやfMRIなどの話も出てくる。 先日、MRI検査をしたので、なかなかおもしろかった。

|

« セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門 | トップページ | ぱたん »

コメント

本書は、どうやら〈運命のタロット〉シリーズの話の後日談らしい(が、時間移動の話もあり、前のシリーズを読んでいないのではっきりしない)。 前シリーズでは高校生だった登場人物たちの同級生は既に30才前後になっている。 そこへ、時間を越えて、虚数意識論の提唱者のゴーリキー博士を巡る歴史の改変を防ごうと戦っていた主人公が、傷ついて、記憶を失った状態で現れる。 それで、記憶の回復と戦いの全貌の秘密が焦点になって、ストーリーが進んでいく。

投稿: china gadgets | 2012.03.23 17:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2649153

この記事へのトラックバック一覧です: 《教皇》がiを説く 真・運命のタロット1:

« セマンティック・ウェブのためのRDF/OWL入門 | トップページ | ぱたん »