« 秘密商会しすあど! | トップページ | 市場の中の女の子 »

2005.01.04

雲のむこう、約束の場所

新海誠監督作品、『雲のむこう、約束の場所』を観に行く。

新海誠は、『ほしのこえ』という25分のアニメ作品で有名。 『ほしのこえ』は、PowerMac G4を使い、個人で作成したということも話題になった。

今回の『雲のむこう、約束の場所』は、オルタナティブ・ヒストリーもののSFで約1時間半の作品。 やはりメインにMacを使って作成されており、メイキングが、Appleのサイトで紹介されている。

ストーリーは、1970年頃に、日本が津軽海峡で南北に分断され、緊張状態にある。 北海道は蝦夷と呼ばれ、ユニオンという国家になっている。 蝦夷の中心には、謎の高い塔がそびえている。 この塔は、場合によっては東京からでも見ることができる。 塔は、平行宇宙に関する機能を持っているらしいが、その詳細は日本側には不明だ。 青森の中学生、藤沢浩紀と白川拓也は、その塔まで行ってみたくて、ひそかに飛行機を作っている。 そして、その同級生の沢渡佐由理の3人組。 その青春の日々と、終わり、再生を描いたのがこの作品。

人が人を想う気持ちの豊かさを、淡々と、しかし熱く語っている。 見ていて、一人一人の人間の能力の範囲で、大きな物語を描こうとしたため、国家の統制のレベルが結構お粗末になってしまっているのが、ちょっと気にはなった。

ちなみに、作品の出来とは関係ないが、青森のネイティブの少年少女たちは、たぶん、この作品みたいな口調では話さないと思う。 これは、以前に、葛西伸哉の小説、『世界が終わる場所へ君をつれていく』のときにもそう思った。 もっとも、その辺をリアルにしてしまうと、相当違和感のある作品になってしまいそう。

|

« 秘密商会しすあど! | トップページ | 市場の中の女の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2465209

この記事へのトラックバック一覧です: 雲のむこう、約束の場所:

» ほしのこえ [でじたる異言ノォト]
新海誠原作、佐原ミズ漫画、『ほしのこえ』、講談社 アフタヌーンKCDX、2005年を読む。 以前とりあげた「雲のむこう、約束の場所」の新海誠が一躍有名になった... [続きを読む]

受信: 2005.02.25 00:09

» サマー/タイム/トラベラー 1 [でじたる異言ノォト]
新城カズマ著、『サマー/タイム/トラベラー (1)』、ハヤカワ文庫JA、2005年を読む。 本書は、ちょっと大人ぶった高校生の青春を描いた作品。 全2巻の予定ということで、本書はその1巻目。 ストー... [続きを読む]

受信: 2005.06.20 22:54

» 『雲のむこう、約束の場所』メモリアル特典BOX [でじたる異言ノォト]
『雲のむこう、約束の場所』メモリアル特典BOX、コミックス・ウェーブ、2005年を買う。 これは、長編アニメーション作品『雲のむこう、約束の場所』の絵コンテ(一部カラー)、絵コンテを動画として使用し... [続きを読む]

受信: 2005.11.27 12:42

« 秘密商会しすあど! | トップページ | 市場の中の女の子 »