« 再魔術化へ | トップページ | 月刊「ムー」2005年2月号 »

2005.01.17

封印作品の謎

安藤健二著、『封印作品の謎』、太田出版、2004年を読む。

本書は、主に制作側で封印された作品を取材したルポルタージュ。 取り上げられている作品は、特撮テレビ番組の『ウルトラセブン』の「遊星より愛をこめて」と『怪奇大作戦』の「狂鬼人間」、映画『ノストラダムスの大予言』、コミック『ブラック・ジャック』の「植物人間」ほか何作品か、0-157予防ゲーム『水夏〜おー・157章〜』の前身(?)。

著者は、元産経新聞の埼玉県庁担当の記者で、現在はフリーライター。 記者だった頃、記事にしたO-157予防ゲームが問題になって埼玉県が監修を降りるという事件に関わる。 また、大学生の頃に、神戸児童連続殺傷事件の報道規制に対しておかしいというWebページをやっていたとのこと。

本書の特徴は、一言で言って、特撮などのサブカルチャーに偏っていること。 巻末には、戦後の主な封印作品というリストが載っているが、これも概ね同様の傾向がある。 そして、その多くが古い話だということ。

本書のつくりは、基本的に関係者に取材し、経緯をまとめ、インタビューなどを通じて「著者が読者に考えて欲しいと思う」問題を提起するというもの。 これは、報道としては、ベーシックな作りであり、努力も感じられる。 でも、こういうサブカルチャーのような濃いメディアを扱う方法として、適切かどうかはちょっと疑問。 なんとなく、報道番組を見ているみたいに、対象と著者との距離が遠く感じられ、全体に薄味な印象になってしまう。 取り上げられた作品も、封印された経緯が、なんとなく不注意に作ってしまったところを、その問題に敏感な人たちから抗議を受けて、腰砕けな対応になってしまったという雰囲気のものが多い。 なんとなく、ダウン系な読後感。

表現の妥当性を争ったとか、抗議自体がトンデモとか、そういう話がもしあれば、もっと読みたかった。

追記 その1

この著者の安藤健二氏(他にも「芝姫つばさ」名義)は、1997年に「まな」名義で神戸児童連続殺傷事件に関する「反動!」というページを開設、後に「あやしいわーるど」の名を冠したいくつかのサイトの管理人をしていたらしい。 その辺の歴史を本にして欲しいかも。

参考: あやしいわーるどグループ & 歴史編纂委員会による「あやしいわーるどの歴史」 http://f16.aaa.livedoor.jp/~stwalker/

追記 その2

まなさんによると、上記の「反動!」は、「まな」名義ではなかったそうです。 訂正させていただきます。

参考: 放置新聞1.20の記事。

|

« 再魔術化へ | トップページ | 月刊「ムー」2005年2月号 »

コメント

さ、さすがにそれは売れないかと……

投稿: まな | 2005.01.20 11:53

わーい、著者のまなさんだ。こんにちは。

「名義」が違うところは、訂正しておきました。ありがとうございます。

参考: 放置新聞の1.20の記事 http://d.hatena.ne.jp/m4n4/20050120

上記のリンク先を読んで思ったのですが、なるほど、そういえば、特撮の話では、版権というのが、報道というか、情報の流通をコントロールしているじゃないかというのも、『封印作品の謎』で提起した問題の一つでしたね。それで、それがおかしいよねというのは、うなづけました。

ただ、ちょっと「「サブカルチャーのような濃いメディア」だからこそ、有効な方法だと思うのだけどなぁ。」の部分の「有効」というのが、いまいちよくわかりません。誰が何をするのに有効と言っているのでしょうか。

ところで、わたしは、まなさんによる「あやしいわーるど」の歴史の本があったら、読んでみたいです。「いつか書きたい」ということですので、首を長くして待ちたいです。がんばってください。

投稿: ちはや | 2005.01.20 23:35

はじめまして。
トラックバックつけさせていただきました。

すごい読書量ですねえ。
おもしろそうな書名がたくさんあるので,また寄らせていただきます。

よろしくお願いします。

投稿: ちょび | 2005.01.23 17:09

ちょびさんこんにちは。

こちらこそどうぞよろしく。記事の相互リンク用に、こちらからもトラックバックさせていただきます。

投稿: ちはや | 2005.01.24 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2608816

この記事へのトラックバック一覧です: 封印作品の謎:

» 封印作品の謎 [ちょびず だいありー]
少し前に,「封印作品の謎」という本を購入しました。 これがなんともおもしろい本で [続きを読む]

受信: 2005.01.23 17:06

« 再魔術化へ | トップページ | 月刊「ムー」2005年2月号 »