« 貧血 | トップページ | 唯理神之書 永遠之福音 »

2005.01.09

WāqWāq 1

藤崎竜著、『WāqWāq -ワークワーク- (1)』、集英社 ジャンプコミックス、2005年を読む。

本書は、『封神演義』の藤崎竜の最新作。 異世界ワークワークに、神としてさらわれた少女を巡る物語。

異世界ワークワークは、機械と黒い血の流れる人が住んでいる。 人よりも機械の方が強く、人は襲われるのを恐れている。 ただし、この機械に対抗できる力を持った防人という連中が7名いる。 防人は、護神像というものと合体して、機械と戦う。 そして、この世界は、昔、赤い血の流れる神が創ったが今は不在であり、いつか再臨するという伝説がある。 それで、異世界に拉致された少女は、神の血を祭壇にささげて、願いを叶えようとする陰謀に巻き込まれるというお話。

藤崎竜の独特の絵とセンスが、この作品では、いい感じに出ている。 表紙の絵を見て、気に入ったら、おすすめかも。

ストーリーの方も、一筋縄ではいかなそうでおもしろい。 たとえば、赤い血の人間に機械は引き寄せられるが、黒い血の人間は憎悪を喚起されるとか、なぜか防人が合体する護神像はどう見ても機械そのものだとか、いろいろありそう。 更に、護神像には、Amsha Spentaという文字書かれているが、これはゾロアスター教の7人(あるいは6人)の精霊アムシャ・スプンタ(慈悲深い神々)を表していたりするし、この巻で出てきた護神像の名前もアムシャ・スプンタのものだ。 さらわれた少女の名前も松田だったりして、これまたゾロアスター教の神アフラ・マズダー(Ahura Mazdah)を連想させる。

次巻に期待。

|

« 貧血 | トップページ | 唯理神之書 永遠之福音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2523278

この記事へのトラックバック一覧です: WāqWāq 1:

« 貧血 | トップページ | 唯理神之書 永遠之福音 »