« Another Century's Episode | トップページ | 古本屋の女房 »

2005.02.06

星界の戦旗 IV 軋む時空

森岡浩之著、『星界の戦旗 IV 軋む時空』、ハヤカワ文庫JA、2004年を読む。

遥かな未来、宇宙航行に適するように遺伝子改造した人類の子孫・アーヴは銀河の一大勢力になっていた。 他の人類の子孫たちとの、銀河の覇権をかけた戦いを、アーヴの側から描いたのが、《星界》シリーズ。 主人公は、アーヴの皇族の少女ラフィール。 そして、居住星系がアーヴに征服され、そのときの交渉により、星系の所有者になったものの、居住者たちの反発を受けることになった少年ジント。 この2人の出会いと成長とアーヴの文化と星間戦争を、このシリーズでは描き続けてきた。

本書は、前作が出てから約4年近くもかかってしまった。 時間は経過しているものの、作風は変わらず、素直に続編として読むことができる。 今回は、三ヶ国連合との戦いが描かれ、その一方で、売国の申し出という政治的戦略的な出来事が発生する。 この売国の申し出が発端で、戦局に一大変化が発生し、次巻に続くという感じ。

ちゃんと次巻が順調に出ますように。

|

« Another Century's Episode | トップページ | 古本屋の女房 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2830177

この記事へのトラックバック一覧です: 星界の戦旗 IV 軋む時空:

» 透明な「帝国」  森岡浩之 『星界の戦旗 4 軋む時空』 ハ... [書評日記  パペッティア通信]
3年間、音沙汰なし。出版されていたことさえ、知らなんだ。ごめんなさい、森岡先生。おいら、その存在そのものを忘れていました。そのブランクのためか、読んでもちっとも分かんない。3巻を読み直す羽目に。2度手間…豪華絢爛たるスペースオペラ。アーヴ種族と人類の共存...... [続きを読む]

受信: 2005.05.10 20:06

« Another Century's Episode | トップページ | 古本屋の女房 »