« よくわかる現代魔法 jini使い | トップページ | Mac OS XとTomcatとAnt »

2005.02.16

Mac OS XとEclipse3.0.1と日本語入力

Javaの開発環境としては、現在、Eclipseの使い勝手がよい。 Eclipseは、Windows、Linux(FreeBSDでも可)、Mac OS Xなどの上で動く。

ただし、多くの本などで解説されているのは、Windows版のEclipseのインストールと使い方。 Mac OS Xの場合、Xcodeという開発環境があったり、Cocoa+Javaの組み合わせで開発したりするので、Eclipseの立場はちょっと微妙。 重いし。 とは言え、WindowsやLinuxと同じ開発環境が使えるという点や、Webアプリケーションの開発といった点では、Eclipseのポイントが高い。

個人的には、Mac OS X上では、用途に応じてXcodeとEclipseを使い分けていて、これまではEclipse2.0.1を日本語化したものを使っていた。 それで、遅ればせながら、今回、3.0.1を入れてみた。

ところで、Mac OS Xでは、デフォルトの設定のままでは、日本語入力ができない。 Mac OS Xの日本語入力のon/offの切替である「コマンド」+「スペース」([コマンド]+[スペース])が、Eclipseのデフォルトのキー・バインディングとバッティングしているからだ。

この解消の方法が、思い出せず、意外と検索で発見しにくかったので、メモ。

  1. まず、Mac OS Xのバージョンは10.3.xで、Developer ToolsがMac OS Xのパッケージ付属のCDなどから、インストールされていることが前提。

  2. Eclipseのサイトで、EclipseのLanguage Packをチェックする。 対応している最新版のEclipseのSDKと、Language Packをデスクトップなどにダウンロード(以下、デスクトップにダウンロードしたと仮定)。

    今回の場合、Eclipse Tools ProjectからRelease Build 3.0.1のEclipse SDKのMac OS X版と、Eclipse Language Pack 3.0.1からLinux版(Windows版でもいけるかもしれないが試していない)をダウンロード。

  3. 管理者権限で、「/アプリケーション」に以下に、ダウンロードしたものを展開する。

    たとえば、「/アプリケーション/ユーティリティ/ターミナル」を起動して、以下のような感じで、コマンドを打つ。

    % cd ~/Desktop
    % sudo tar -C /Applications \
    ? -zxvf eclipse-SDK-3.0.1-macosx-carbon.tar.gz
    Password:ここに管理者のパスワードを入力
    % sudo unzip NLpack-eclipse-SDK-3.0.x-linux-gtk.zip \
    ? -d /Applications
    

    以上でターミナルの作業は終わり

  4. Eclipseを起動する。

    今回の場合は、「/アプリケーション/eclipse/Eclipse」をダブル・クリックして起動(すごーく時間がかかる)

  5. はじめて起動したときには、「ワークスペース・ランチャー」というのが表示される。

    たとえば、「ワークスペース」には、自分のホームディレクトリの下の「workspace」というディレクトリを指定し、「この選択をデフォルトとして使用し、今後この質問を表示しない」にチェックを入れて、「OK」をクリック

    つまり、ユーザ名がeclipse-koの場合には、「ワークスペース」には「/Users/eclipse-ko/workspace」と指定する。

  6. 「Eclipse 3.0 へようこそ」というのが表示される。 ここで、「ワークベンチ」をクリック。

  7. Mac OS Xでは、日本語入力のon/offが「コマンド」+「スペース」([コマンド]+[スペース])だが、これがEclipseのキー・バインディングとバッティングして、素直に日本語入力できなくなっている。 よって、この設定を変更する。

    具体的には、「ウィンドウ」メニューから「設定」を選択。 「設定」の中の、「ワークベンチ」を開いて、その中の「キー」を選択。 「コマンド」の中の「カテゴリー」から「編集」を選択し、「名前」から「コンテンツ・アシスト」を選ぶ。

    すると、「割り当て」の中に、「場合」が「ダイアログまたはウィンドウ」で、「キー・シーケンス」が「コマンド」+「スペース」([コマンド][スペース])になっているものがあるので、これを選択する。 そして、「除去」をクリックして、「適用」をクリックして、「OK」をクリック(以下の画像をクリックすると別ウィンドウで設定中の様子が表示される)。

    設定の様子

  8. 以上で、インラインではないが、日本語が入力できるようになる。

参考: Eclipse and Mac OS X: A Natural Combination(日本語化以外について)

|

« よくわかる現代魔法 jini使い | トップページ | Mac OS XとTomcatとAnt »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2960443

この記事へのトラックバック一覧です: Mac OS XとEclipse3.0.1と日本語入力:

« よくわかる現代魔法 jini使い | トップページ | Mac OS XとTomcatとAnt »