« ホーンテッド! | トップページ | PowerBookとG5 »

2005.02.02

巨大化するデジカメデータの保存の悩み

一眼レフ型のデジタル・カメラの画像で悩む。

一眼レフ・クラスのデジカメでは、撮影データをRAW形式で保存することができる。 たとえば、NikonのD1xでは、このRAW画像は、およそ7.7MB程度。 これを、TIFFなどに変換する作業を「現像」と呼ぶ。 D1xの場合、現像されたTIFFデータは、60.1MBと8倍くらいのサイズになってしまう。

それで問題は、画像をどうやって保存しておくか。

たとえば、RAW画像100枚でCD-R1枚ちょっと。 これだって、TIFFに変換したら、DVD-R2枚くらいになってしまう。 もしも、頻繁に撮影したりすると、ディスクが増加しまくって、データ管理の手間が爆発的に増加してしまう。

RAW画像の方が、容量はくわないものの、開けるソフトが限られていたりして、結構、扱いが面倒くさい。 一方、データの使用上は、現在ではTIFFの方が汎用性があるが、あまりにサイズが大きすぎる。 250GBのHDDだって、すぐに埋まってしまう。

実際に使うときには、本当に必要なサイズまで小さくした画像を使えばいいけれど、元のままで保存しておくデータも必要なので、結構深刻な問題。

サムネール画像を全部作っておいて、写真を選んだり検索したりするにはそれを使う。 で、オリジナルはRAW形式で保存しておくのが正解なのだろうか。 でも、RAW形式のデータが十年後に開けるかどうかわからない・・・。 果たしてDNGが救世主になってくれるのか。

ちなみに今は、RAWとTIFFと両方で保存しているけれど、いずれ早期に見直しが必要かも。

|

« ホーンテッド! | トップページ | PowerBookとG5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/2787573

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大化するデジカメデータの保存の悩み:

» CFがいつのまにか2GBで9000円とかに。 [コスプレ衣装をメモするブログ]
CFは1GBで1万円なイメージが未だにあったのですが、サンディスクの高速タイプとかでもいつのまにか1GBで5000円、2GBで9000円とかになってたんですねー。びっくりです。でもSDと比べると(比べてもあまり意味はないですが・・)まだ高い感じですけど。今うちにあるのは1GBが... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 13:37

« ホーンテッド! | トップページ | PowerBookとG5 »