« 一回休み | トップページ | CSSクックブック »

2005.03.10

トリポッド 3 潜入

ジョン・クリストファー著、中原尚哉訳、『トリポッド 3 潜入』、ハヤカワ文庫SF、2005年を読む。

本書は、以前取り上げた『トリポッド 1 襲撃』『トリポッド 2 脱出』の続編。 《三本足》シリーズのときには、『銀河系の征服者』というタイトルだった。

巨大な鋼鉄の三本足のトリポッドによる、地球侵略を描いたこの作品では、2〜4巻が一連の話(1巻は後に書かれた前日譚)になっていて、この3巻目では、侵略者の正体が明らかになる。 前巻の主人公だった少年フリッツは、キャップをかぶせられて思考を支配されている大人を装って、トリポッドの本拠地に秘密を探るために潜入するというのが、今回のお話だ。

以前、子どもの頃に、旧訳で読んだ時は、この巻の陰鬱な描写で随分参った記憶がある。 所詮は支配された人類など、支配者にとってはペットや家畜程度の扱いで、これはなかなか読んでいて嫌な気分になったのだ。 今となっては、十分普通に読める内容で、返って、自分の心の変容というものを考えてしまった。

次巻はいよいよ最終巻。 実は、子どものときには、この巻で読むのをやめてしまったので、結末は知らない。 楽しみ。

|

« 一回休み | トップページ | CSSクックブック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/3252074

この記事へのトラックバック一覧です: トリポッド 3 潜入:

» トリポッド4凱歌 [でじたる異言ノォト]
ジョン・クリストファー著、中原尚哉訳、『トリポッド 4 凱歌』、ハヤカワ文庫SF、2005年を読む。 これは、以前、紹介した《トリポッド》シリーズの最終巻。 《トリポッド》シリーズは、3本足の鋼鉄の... [続きを読む]

受信: 2005.05.12 19:17

« 一回休み | トップページ | CSSクックブック »