« Web Designer 2.0 進歩し続けるWebデザイナーの考え方 | トップページ | 同人誌印刷品質向上計画 for デジタルコミッカーズ »

2005.03.04

世界の終わりの魔法使い

西島大介著、『世界の終わりの魔法使い』、河出書房新社 九龍コミックス、2005年を読む。

本書は、以前『凹村戦争』を取り上げた西島大介の最新描き下ろし長編コミックス。

1000年前の魔法大戦で、星々をまたにかけて大殺戮を行った魔王が封じられ、その後忘れ去れてしまった辺鄙な世界が舞台。 この小さな世界では、魔王の魔力の影響か、みんなが魔法を使えるようになってしまっている。 その中で、ただ一人、魔法が使えず、魔法を憎み、科学で飛行する機械を作っている少年ムギが主人公。 ムギは、ある日、魔物に襲われたところを、少女に助けられ、親しくなるとともに、世界の秘密と触れ合うことになるというお話。

西島大介の独特のポップな絵柄と、読む者が何かを投影せずにはいられない、シンボリックな断片を散りばめた物語の組み合わせが、不思議な魅力を作っている。 どことなく、エヴァンゲリオンを思い出させるイメージ(包帯少女、白い翼の生えたワニっぽい魔物など)を描きながらも、ストーリーとしては全く違う方向に突き抜けていた作品。

|

« Web Designer 2.0 進歩し続けるWebデザイナーの考え方 | トップページ | 同人誌印刷品質向上計画 for デジタルコミッカーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/3172623

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の終わりの魔法使い:

« Web Designer 2.0 進歩し続けるWebデザイナーの考え方 | トップページ | 同人誌印刷品質向上計画 for デジタルコミッカーズ »