« UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺 | トップページ | 終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット »

2005.03.16

東大教授の通信簿

石浦章一著、『東大教授の通信簿 -- 「授業評価」で見えてきた東京大学』、平凡社新書、2005年を読む。

本書は、東京大学の教養学部の授業評価のアンケートの集計結果を紹介し、著者自身の意見を述べた本。 ちなみに著者は、アルツハイマーなどの研究をしている人。

それで、この授業評価のアンケートは、教員側で作成したもの。 回答したのは、最後の授業の2週間前の回に出席した学生で、つまり、ちゃんと授業に出てきている可能性が高い人が主な対象だ。

本書の特徴は、回答数がそれなりにあること。 アンケートを実施した授業は全部で2000近くで、回答数が90000近くある。 散布図にして、相関の様子がくっきり出たグラフも載っている。 一方、細かいデータの話はなく、分布の大きな傾向に関することに興味がある人向けの内容。

一通り読むのには、そんなに時間がかからない本だった。 わたしの場合で、所要時間は2時間くらい。 ライトノベルの厚めのやつ程度だろうか。 手に取ってみて、興味があったら、読んでみるのもいいかも。

|

« UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺 | トップページ | 終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/3326560

この記事へのトラックバック一覧です: 東大教授の通信簿:

« UFJ銀行を偽装した電子メール詐欺 | トップページ | 終戦のローレライ フィギュア付きBOXセット »