« OSの起動画面などのスクリーン・ショット | トップページ | 絶望系 閉じられた世界 »

2005.04.17

ピアノの森

一色まこと著、『ピアノの森』が、現在発売中の週刊モーニングで連載が再開された。

『ピアノの森』は、「アッパーズ」誌上で連載されていたが、2年程前に連載が中断。 その後、「アッパーズ」がなくなってしまった。

ストーリーは、ピアノをめぐる2人の少年を中心に展開する。 一人は、偉大なピアニストの父を持ち、譜面通りに完璧に演奏する雨宮修平。 もう一人は、裏の社会の人々が暮らす「森の端」に育ち、定まった譜面を自由に離れ、聴くものの心をつかむ演奏をする一ノ瀬海。 この対照的な2人は、お互いに影響を与えあう。 そして、この2人は全国ピアノコンクールの予選に出場し、雨宮修平が優勝するが、一ノ瀬海の演奏はその後長く波紋を投げかけ続けるというもの。

ピアノコンクールでの勝負の話が、一応、ストーリーの頂点だった。 残念ながら、時が流れた後日談は、話が錯綜してしまっていた。

今回、復活した連載を見たが、充電期間は十分で、今後の展開が楽しみな感じなっていた。 そもそも演奏とは何なのか、形にがっちりはまったものなのかというのが、この作品のテーマ。 雨宮修平や一ノ瀬海という天才ではなく、海の演奏に感銘を受けたものの、普通の少女である丸山誉子にスポットライトが再び当たる。

なお、途中でとまっていた単行本も7月22日に10巻が予定されている。 また、現在、新装版が1〜3巻まで出ているが、新装版1〜9巻のカバーだけ300円程度で送ってもらえるキャンペーンも7月30日まで実施されている。

|

« OSの起動画面などのスクリーン・ショット | トップページ | 絶望系 閉じられた世界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/3745183

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの森:

» 『ピアノの森』がモーニングで復活! [± investing Blog ±]
ヤングマガジンアッパーズで連載されていて2002年11月からその連載が中断されていた、あの「ピアノの森」がモーニングで復活連載。 なんと891日ぶりだそうです。す、すごい・・まだかまだかと待っていたのに、ヤングマガジンアッパーズが廃刊になるわで、もう復活はないのかとほとんどあきらめてました、正直。 いつもは立ち読みだけど今回だけは買ってしまいました。 ちょっと忘れかけてる部分もあったりしますが、なんとか思い出しながら読みました、・ ・ ・ ・ あぁやっぱりいいっ!おもしろいっ! ぼく... [続きを読む]

受信: 2005.04.18 22:39

« OSの起動画面などのスクリーン・ショット | トップページ | 絶望系 閉じられた世界 »