« 式神の城 ねじれた城編 1 | トップページ | 出会い系サイト(?)のSNSっぽい勧誘メール »

2005.05.25

ウラBUBKA 2005年7月号

「ウラBUBKA」2005年7月号、コアマガジン社を買う。 これが最終号とのこと。

オタク系のサブカルに関するウラ記事が多い月刊誌だった「ウラBUBKA」が9冊目にして終わりを迎えた。 個人的には、「毎回ネタを見つけられるのか」と読者の方が心配しちゃうような雰囲気が漂う、ドキドキ感がおもしろかった。 って、ほめてないな。

ちなみに今回のメイン特集は『ドラゴンボール』。 クルクルレバーを回転させて気を溜めて、必殺技を撃つという、SEGAのアーケード版のゲームの話が懐かしかった。

それから、エロ漫画の特集もあった。 この特集の「消えた(?)エロ漫画家」という記事で「一時はエロ漫画誌の編集長まで勤め」「コミケの米沢代表すらもはや連絡が取れない」と書かれている蛭児神建は、「Comic 新現実」Vol. 4、角川書店、2005年から、「自伝 魂の彷徨」というカミングアウトしまくりの連載をはじめていたりする。

|

« 式神の城 ねじれた城編 1 | トップページ | 出会い系サイト(?)のSNSっぽい勧誘メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4281130

この記事へのトラックバック一覧です: ウラBUBKA 2005年7月号:

« 式神の城 ねじれた城編 1 | トップページ | 出会い系サイト(?)のSNSっぽい勧誘メール »