« 新世紀オタク清談 電波男 | トップページ | トリポッド4凱歌 »

2005.05.10

mystery classics 〜甦る名探偵達〜 アルセーヌ・ルパン編 I

森元さとる著、『mystery classics 〜甦る名探偵達〜 アルセーヌ・ルパン編 (I)』、講談社コミックス、2005年を読む。

本書は、ミステリーの古典を、コミックス化するという企画のシリーズ。 ちなみに同時刊行は『ブラウン神父編 (I)』だった。

子供の頃には、古典的な探偵小説を短く簡単にしたものが、子供向け雑誌のふろくなどに付いてきた記憶がある。 それを読んだのがきっかけで、図書館できちんとしたバージョンを借りて読んだりしていた。 このシリーズは、そんな記憶を甦らせてくれるような気がする。

本書におさめられているのは、「赤い絹の肩掛け」「バカラの勝負」「テレーズとジェルメーヌ」「七人のきこり」の4編。 「七人のきこり」はルブランの作でもないし、ルパンものでもない。 タイトルが『アルセーヌ・ルパン編』となっているので、できれば、全部ルパンものにして欲しかったような。

この作者の方、絵柄に特徴があって、ときたま口を描き忘れたようなコマがあるのだが、これって意図的にこうしているのかな??? なお、本書は、あくまでダイジェストなので、そこには限界があるので、それは納得の上読んだ方がいいだろう。

|

« 新世紀オタク清談 電波男 | トップページ | トリポッド4凱歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4075574

この記事へのトラックバック一覧です: mystery classics 〜甦る名探偵達〜 アルセーヌ・ルパン編 I:

« 新世紀オタク清談 電波男 | トップページ | トリポッド4凱歌 »