« 月迷宮 恋月姫人形展 | トップページ | わたしはあい 01 »

2005.05.16

こころ

夏目漱石×榎本ナリコ、『こころ』、小学館、2005年を読む。

本書は、夏目漱石の『こころ』を、榎本ナリコが現代の時代設定でコミック化したもの。 わたしは、『こころ』に対する思い入れがあったせいか、なんとなく違和感を感じてしまった。

『こころ』と言えば、朴訥とした青年Kと「私」の苦すぎる青春を、年を取り「先生」と呼ばれている「私」の視点から語った作品。 わたしは、はじめて読んだときに、若者らしい迫力に満ちた生真面目さ、立ちはだかる不完全な現実、たぎるような情念が、文に定着させられているすごさを感じた。

これは「私」の視点からの物語で、今にして思えば、雰囲気には、視点が大きな役割を果たしていたような気がする。 しかし、マンガという表現では、「私」として「S」という人物が描かれ、その結果、「私」の外部に視点移動して、3人称的な語りになってしまう。 また、わたしは榎本ナリコの絵から、性や背徳感に独特な印象を感じてしまう。 その辺が、変わった感じをかもしだしているのかもしれない。

改めて読み返してみると、あくまでも原作は『こころ』だが、がっちりと榎本ナリコの作品になっていると感じた。

|

« 月迷宮 恋月姫人形展 | トップページ | わたしはあい 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4160371

この記事へのトラックバック一覧です: こころ:

» 精神的に向上心のないものは馬鹿だ [スカイ・フロータ]
前回のBook Batonで「こころ」の話題を出しました。 実は漫画化されているんです。 しかも時代設定は何と現代。 現代風に置き換えられたストーリーを楽しむことができます。 何が原作と違うのかと言えば、まるっきり違うんですが、まあ大きく違う点を挙げてみよう... [続きを読む]

受信: 2005.07.29 00:16

« 月迷宮 恋月姫人形展 | トップページ | わたしはあい 01 »