« 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者 | トップページ | 展示とおでかけな日々 »

2005.06.06

ねじの回転

ヘンリー・ジェイムズ著、南條竹則、坂本あおい訳、『ねじの回転 -- 心霊小説傑作選』、創元推理文庫、2005年を読む。

本書は、『宗教的経験の諸相』で有名なウィリアム・ジェイムズの弟であるヘンリー・ジェイムズの、日本独自の短編集で、すべて新訳。 収録されているのは表題作の他には、「古衣装の物語(ロマンス)」「幽霊貸家」「オーエン・ウィングレイヴ」「本当の正しい事」。

本書に収録されている作品のうち、いわゆる怪談は、数え方にもよるが3つか、4つ。 何に起因するのかはわからないが、いままで自分が抱いていた怪談に対する雰囲気と、どれもずいぶん異なった感じがする作品だった。 ただ、クライマックスを書くための「溜め」がなかなかだるい。 もっとも、これは新訳の調子によって、随分救われている。

なお、表題作の「ねじの回転」だが、わたしには、途中から怪談というよりは、毒電波な英国風エロ小説に思えてきておもしろかった。 というか、腐女子が主人公ですか、これは?という感じ。

|

« 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者 | トップページ | 展示とおでかけな日々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4442043

この記事へのトラックバック一覧です: ねじの回転:

« 機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者 | トップページ | 展示とおでかけな日々 »