« 〜少女少年〜 GO! GO! ICHIGO | トップページ | NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 »

2005.07.03

蒲公英草紙 常野物語

恩田陸著、『蒲公英(たんぽぽ)草紙 -- 常野(とこの)物語』、集英社、2005年を読む。

本書は、『光の帝国』と同じ《常野物語》シリーズに属する長編。 明治後半、宮城県の南部の山村を舞台に、超能力を持った『常野』と呼ばれる一族と出会った少女の物語。

本書では、常野の中でも「しまう」という人の記憶を記録する能力を通じて、絵を描くこととの共通性や、生きるということを描き出す。 ストーリーは、シンプルで典型的な枠組みに属していると思うが、美は細部に宿っていて、読んでいて切なくなってくる。

いいお話だった。

|

« 〜少女少年〜 GO! GO! ICHIGO | トップページ | NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4817454

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲公英草紙 常野物語:

« 〜少女少年〜 GO! GO! ICHIGO | トップページ | NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 »