« 姑獲鳥の夏 | トップページ | カラーマネジメント »

2005.07.18

一休伝 上巻

水上勉原案、佐々木守脚色、小島剛夕画、『一休伝 上巻』、ホーム社漫画文庫、2005年を読む。

本書は、1989〜1990年に上中下3巻が、平凡社から超豪華メンバーによる描きおろしという形で発行されたものを、文庫化したもの。 上巻では、誕生、南北朝の争い、頓智の逸話、僧の堕落と男色、師・謙翁との出会いなどが描かれる。

内容としては、坂口尚の『あっかんべェ一休』に近いものがある。 本書の方が劇画度は高く、また一通り全部描こうという気概が感じられる。

坂口尚の作品では、特に悟りを開く描写や、それでも逃れることの叶わぬ業に関する描写が秀逸だったが、本書ではそれは中・下巻に相当する。 それらは9月に発売予定とのことで、期待。

|

« 姑獲鳥の夏 | トップページ | カラーマネジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5016876

この記事へのトラックバック一覧です: 一休伝 上巻:

» 一休伝 中・下巻 [でじたる異言ノォト]
水上勉原案、佐々木守脚色、小島剛夕画、『一休伝 中・下巻』、ホーム社漫画文庫、2005年を読む。 本書は、以前取り上げた『一休伝 上巻』の続編。 上巻の終わりでは師の謙翁が亡くなってしまう。 中巻で... [続きを読む]

受信: 2005.09.26 07:01

« 姑獲鳥の夏 | トップページ | カラーマネジメント »