« NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 | トップページ | 下妻物語・完 »

2005.07.05

と学会年鑑 Rose

と学会著、『と学会年鑑 Rose』、楽工社、2005年を読む。

本書は、トンデモ物件を楽しんでしまおうという、と学会の最新刊。 版元が今までと異なっており、書店でもほとんど見かけないし、Amazonでも在庫切れが続いている。

本書は、前半はと学会の例会での発表の中から選んだ物件の紹介、後半は2003年6月の第12回トンデモ本大賞の様子となっている。 基本的にこれまでと、特に変わらない路線。 ちなみに、本書で取り上げられている第12回トンデモ本大賞の村津和正著、『歯は中枢だった -- 歯は更なる能力を拓く鍵』、KOS九州口腔健康科学センター、2002年は、2004年夏に毎日新聞などで「「歯臓治療」が物議をかもしている」として取り上げられた。

|

« NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 | トップページ | 下妻物語・完 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4844942

この記事へのトラックバック一覧です: と学会年鑑 Rose:

« NITABOH 仁太坊 津軽三味線始祖外聞 | トップページ | 下妻物語・完 »