« オーガズモ | トップページ | 一休伝 上巻 »

2005.07.17

姑獲鳥の夏

映画「姑獲鳥の夏」を観る。

京極夏彦の長編小説の中では、『姑獲鳥の夏』は、長い方ではないが、それでも2時間程度にまとめるのは難しいと思う。 本作は、それを実現してしまった。 監督は実相寺昭雄で、目が眩むような映像表現が次々と繰り出され、不思議な映画になっている。

観た感想としては、原作がすっきりとまとめられていて、その分、原作の憑き物が落ちてしまったような感じ。 美化された記憶では、もっとなんか凄い事件だったような気がするんだけど、あれれという。 あと、原作の方ではどうだったか記憶が曖昧なのだが、京極堂の謎解きは不自然なくらい演繹しまくっていて、どうしてそういうことを思いつく?という感じ。

キャストの方は、最初意外な感じもあったけれど、慣れてくると納得した。 猿っぽい顔をした主人公の関口巽の情けなさというのが、よく出ていたような。 もっとも、わたしは、原作をキャラクター小説として読んでいないので、拘りのある人は、また異なった感想を持たれるかもしれない。

|

« オーガズモ | トップページ | 一休伝 上巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5004720

この記事へのトラックバック一覧です: 姑獲鳥の夏:

« オーガズモ | トップページ | 一休伝 上巻 »