« ネットのリテラシーと相談 | トップページ | オーガズモ »

2005.07.15

飛鳥井全死は間違えない

元長柾木著、『飛鳥井全死は間違えない』、角川書店、2005年を読む。

本書は、一風変わったアダルトゲームなどのシナリオライターとして有名な元長柾木氏の初の小説単行本。

人のメタテキストを読み改変する力をもった飛鳥井全死(あすかいぜんし)という性格破綻者の女が主人公で、少女を支配することを楽しんでいる。 人間は世界をそのまま認知しているのではなく、何らかのコンテクストにおいて解釈して認知しているのだが、その関数に相当するものが、この作品でメタテキストと呼ばれているものだ。 その飛鳥井全死と組んでいる、香織甲介という殺人を習慣とする人物が、飛鳥井の性格破綻ぶりに巻き込まれるというのが、ストーリー。

本書の主要なキャラクターは一人としてまともではない。 まともじゃない連中の愛憎のはじけ具合がインパクトのある作品だった。

|

« ネットのリテラシーと相談 | トップページ | オーガズモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4987083

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥井全死は間違えない:

« ネットのリテラシーと相談 | トップページ | オーガズモ »