« と学会年鑑 Rose | トップページ | ケータイくんといっしょ »

2005.07.06

下妻物語・完

嶽本野ばら著、『下妻物語・完 -- ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、小学館、2005年を読む。

本書は、映画にもなった『下妻物語』の続編。 登場人物は、ロリータなスタイルに命をかける少女・桃子、そしてひょんな出会いをしたレディースのイチゴ。 見た目や考え方は全然似ていないが、共に自分を主張し続けている2人のデコボコ・コンビの出会いと友情を前作ではコミカルに描いていた。 本作では、前作を引き継ぎ、この2人が殺人事件に巻き込まれ、ドタバタを繰り返しながら、成長していく過程を描いている。

一見、殺人事件の謎解きに幻惑されそうになるけれど(本書が本来そういう小説でないのは明らかだが)、結局、最大の謎は、自分でもよくわからない自分の気持ちだったのかもしれない。

桃子、一人では、決して見つけることができなかった「何か」を、全く自分と違うイチゴとの出会いを通して見つけていく。 そんな全開の青春小説だった。

あと、BABY, THE STARS SHINE BRIGHTの社長が、実はガンオタだったという設定は、個人的にはかなりうけた。

|

« と学会年鑑 Rose | トップページ | ケータイくんといっしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4858005

この記事へのトラックバック一覧です: 下妻物語・完:

« と学会年鑑 Rose | トップページ | ケータイくんといっしょ »