« 下妻物語・完 | トップページ | 私がイラストレーターになれた理由 »

2005.07.07

ケータイくんといっしょ

柳原望著、『ケータイくんといっしょ』、花とゆめCOMICS、2005年を読む。

本書は、家庭用の小型ロボット「まるいち」を題材にして、人間ドラマを描いた『まるいち的風景』の柳原望の最新刊。 お話は、謎のウィルスが発生。 このウィルスは、感染者のケータイに影響して、ケータイを擬人化させるという変な特徴を持っている。 ケータイは、感染者が心地よく感じるような人格になるらしいが・・・というもの。

ケータイは、基本的にコミュニケーションのツールだ。 本書では、擬人化したケータイが、家族や恋人の間で、ちょっとずつそのコミュニケーションを変えていく。 相手のことを好きだったり、大事に思うからこそ、難しいコミュニケーションが、間に変なデバイスがはいることで、見え方が変わってくる様子が描かれる。

なお、TIMEのアジア版のロボット特集に載った「まるいち」シリーズの短編も収録されている。

|

« 下妻物語・完 | トップページ | 私がイラストレーターになれた理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/4871733

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイくんといっしょ:

« 下妻物語・完 | トップページ | 私がイラストレーターになれた理由 »