« 陰陽師 12 天空 | トップページ | 一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング »

2005.08.05

ジャンキー・フィクション 1

為我井徹原作、明治ていか漫画、ランニングフリー企画、『ジャンキー・フィクション (1)』、ワニブックス ガムコミックス、2005年を読む。

本書は、ふしぎな薬を使って事件を解決する「薬屋」と呼ばれる少年タクと猫のくすりの物語。 5話収録されているものの、実際にはストーリー上は2話分なので、物語はまだはじまったばかり。

お話は、かつて息子のタクを救うために、悪魔と契約して、悪魔の医学知識を入手した母・寧子。 彼女は、失踪してしまうが、今のところその理由ははっきりしない。 母の失踪の後、悪魔と契約した少年・タクは、母をさがしながらも、悪魔のつくる薬を使って、事件を解決する「薬屋」という商売をはじめたというストーリー。

今のところ、ある意味、推理の要素があまりない探偵もの、つまり人間ドラマに重点を置いた解決屋ものをやっているわけで、よくある話になっているので、今後、どれだけそこから離れられるのか楽しみ。 ちょっとひねた少年の心は、猫の少女くすりによってひらかれていくのだろうか。

|

« 陰陽師 12 天空 | トップページ | 一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5317950

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンキー・フィクション 1:

« 陰陽師 12 天空 | トップページ | 一瞬で信じこませる話術 コールドリーディング »