« リンダリンダリンダ | トップページ | カムイ伝 第三部 »

2005.08.20

毛布おばけと金曜日の階段

橋本紡著、『毛布おばけと金曜日の階段』、電撃文庫、2002年を読む。

本書は、先日『猫泥棒と木曜日のキッチン』を紹介した橋本紡の似たような傾向の小説。 父は交通事故で死亡、母はそれを気に病んで入院。 そして、大学生のさくらと高校生の未明の2人の姉妹の生活。 どこかが壊れてしまったさくらは、普段はそんな素振りは見せないが、金曜日だけは、階段で毛布をかぶって心を閉ざしてしまう。 それを知っているのは、2人の姉妹と、さくらの恋人で未明と同じ年の和人だけ。 金曜日には、シュークリームとごちそうと、たまにしかうまくいかない和人の作ったお菓子を、3人で階段で食べまくる。

物語の設定には、本書と『猫泥棒』の間で共通の部分がいくつかあり、似た感覚を受ける。 『猫泥棒』に比べると、本書の方は、すれ違ってしまう恋に焦点が当てられている。 すれ違ったことで、自分も相手も見えてくる、そんな恋だ。 とてもいいお話だった。

|

« リンダリンダリンダ | トップページ | カムイ伝 第三部 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5521515

この記事へのトラックバック一覧です: 毛布おばけと金曜日の階段:

« リンダリンダリンダ | トップページ | カムイ伝 第三部 »