« 一休伝 中・下巻 | トップページ | 少女には向かない職業 »

2005.09.27

10月はSPAMで満ちている

「小説新潮」10月号の桜坂洋著、「10月はSPAMで満ちている」を読む。

この短編は、新潮社のページで冒頭が読めるが、〈よくわかる現代魔法〉シリーズに出てくる、コンピュータに強い副主人公の坂崎嘉穂の成人後の姿が見られる。 秋葉原のあやしいボロ・ビルの一室で、会社をやめて文筆業を志している「ぼく」は、坂崎嘉穂に出会う。 物書き志願者が呼ばれた理由はSPAMの文面を考える仕事のため。 そしてまきこまれるSPAMと魚肉ソーセージとネコとIT風味な事件。

実は、あまり事件らしい事件でもないし、一応、推理小説の形式はしているが、そんなに推理の方は要求されない。 何かを求めたために、どうしたわけか秋葉原のボロ・ビルに辿りついてしまった2人の人間の、日常が描かれた作品だった。

|

« 一休伝 中・下巻 | トップページ | 少女には向かない職業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/6138275

この記事へのトラックバック一覧です: 10月はSPAMで満ちている:

« 一休伝 中・下巻 | トップページ | 少女には向かない職業 »