« スライハンド | トップページ | デカルトの密室 »

2005.09.15

龍屠玩偶 1

吉川博尉著、『龍屠玩偶 (1)』、ブレイドコミックス、2005年を読む。

本書は、邪気を引き寄せる謎の龍の入れ墨を持ち、魔を祓うことを生業とする、子供の頃の記憶を失った青年・瀬崎龍司を描いたコミック。 ストーリーは、失われた記憶と入れ墨の龍を巡って展開する。 そして、瀬崎と闇の組織・外道衆の新しい頭目との因縁が臭わされている。

雰囲気や絵に特徴のあるコミックスで、こういうのはけっこう好きだ。 でも、個人的には、ストーリーのひきがちょっと弱いような気が。

|

« スライハンド | トップページ | デカルトの密室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11321/5951432

この記事へのトラックバック一覧です: 龍屠玩偶 1:

« スライハンド | トップページ | デカルトの密室 »